暖欒工房チジョウ - 薪ストーブの販売・施工|岩手県平泉町

浄土の国 世界遺産平泉へようこそ

0191-46-5155

お客様の声

一覧に戻る

気仙沼市 M様 機種 Jotul F500BBE scan CI-1GCB morso1412CB

 

薪ストーブの導入を決めた理由は?

・定年退職を機に、老後の時間の有効活用と資源の再利用  定年退職を前に、妻の実家の山林に隣接する他所の山林で、自生していた赤松林を皆伐したことにより、風当りが変わり妻の実家では倒木が発生した。  そこで、倒木の有効活用と離職に伴う有り余る時間を活用するためにストーブの導入を決めた。

薪ストーブを使っていて良かったことは?

・折からの灯油価格の高騰による、家計に対する燃料費の負担軽減

・3.11東日本大震災時では、長期間の停電にも関わらず安定して炊飯ができたこと。 2台のストーブが活躍した。避難人員のピーク時には7人を加え、総勢9名で過ごした。

・定番の煮込み料理ができる  

・焼き物 特にピッツァや餅焼き ・冬期、家全体の結露がなく乾燥状態が保てる。

・時間を持て余すことなど無し。常に薪用の原木と格闘。雨天時にはストレスが溜まります。

薪はどの様に準備していますか?

・友人・知人から無料にて頂戴する。  ほとんどが山林伐採、家囲い伐採時相手から連絡を頂き、こちらから道具を持参して貰い受けて来る。  チェーンソー、運搬機、金矢、チルホールなどを使用して伐倒や玉切りして搬出・運搬。

・自宅に運んでからは、玉切り、割り、薪乾燥場に運び1.8×1.8mの薪棚に積み乾燥。  これまでは、ストーブ2台分として45棚で薪の乾燥を行っている。  そのほか、試験的にウッドバック3袋に楢薪を入れて乾燥状態を観測している。

・1~2月の厳冬期は、大凡10日~14日に1棚のペースで薪を消費している。

・樹種は杉=約50% 楢=約20% 檜=約10% その他広葉樹20%

 

暖欒工房CHIJOからのコメント

弊社としても一軒のお宅に薪ストーブを3台設置させて頂くのは初めての経験で、それほど薪ストーブを愛用して頂けてとても嬉しく思っています。 退職を期に薪ストーブ生活を始められたM様。薪作りを楽しみながら、冬は自分で頑張って作った薪を焚く喜びと暖かさがあり、とても生き生きと生活しているように見受けられました。 やはり自分で作れるエネルギーである薪を作るということは本当の意味で人間として自立していますし、荒れた森林の整備にもなり、暖かさの質も他の暖房機とは比べられないほど良いです。これほど使っていて気持ちのいい暖房機は他には無いと思います。 1412CBを新たに設置し、さらに充実した生活をお過ごしください!

上に戻る